忍たま乱太郎のしんべえの声優は誰?彼女(おしげ)や妹やお父さんについても

 

NHKのアニメで有名な作品と言えば、忍たま乱太郎ですよね。

 

なんと初回の放送は1993年なので、25年前という事になります。

 

再放送や高校野球で休止、という事もありますが、ご長寿番組なんですね。

 

確かに、私も小さいころから見ていた記憶があります。

 

テーマ曲の100%勇気は、誰でも一度は聞いた事があるのではないでしょうか。

 

忍たま乱太郎は、忍者ギャグ漫画「落第忍者乱太郎」が原作です。

 

主人公の乱太郎とその友達しんべえ、きり丸の仲良し3人トリオが、立派な忍者になるために、

 

忍術学園に入学し、ユニークな先生や上級生、友達たちと、明るく楽しく愉快な毎日の物語です。

 

今回は、主人公乱太郎の友達、おっとりしていてのんびり屋さん、

 

ぽっちゃり食いしん坊のしんべえについてお話ししたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

しんべえとは

 

本名、福富しんべえ、実は、堺の豪商の息子さんです。

 

お金持ちのおぼっちゃまなんですね。

 

10歳、125cm、67.5kgと、だいぶぽっちゃりしています。

 

おっとりのんびりしていて、太目の眉毛が特徴で、おにぎりが似合う愛くるしいキャラクターです。

 

硬い髪と石頭、粘着力の強い鼻水は、ごくたまに仲間のピンチを救います。

 

凄い鼻水ですね。

 

忍たま乱太郎のしんべえの声優は誰?

 

まずは、しんべえの声優さんについてです。

 

あの鼻声でかわいらしい、しんべえの声を担当されているのは、一龍斉貞友(いちりゅうさい ていゆう)さんです。

 

お名前だけ見ると男性かなと思いますが、女性の方です。

 

http://www.fuurinichi.com/modules/pico/teiyu.htmlより引用

 

他にも、ちびまる子ちゃんのお母さん(さくらすみれ)や、クレヨンしんちゃんのマサオくんなど、大人気アニメの重要なキャラクターを演じています。

 

忍たま乱太郎のしんべえは、初回からずっと変わらず一龍斉貞友さんです。

 

確かに、しんべえの声は他に考えられません。

 

しんべえとおしげちゃんの関係は彼女?

 

まず、おしげちゃんについておさらいしておきます。

 

おしげちゃんとは、忍術学園に存在する女子専用の教室、くの一教室に通う11歳、おしとやかでおっとりした性格で、ぽっちゃりした小柄な体系とは裏腹にとても身軽で俊敏です。

 

なんと、学園長のお孫さんです。

 

http://www.nhk.or.jp/anime/nintama/chara/index.html#chara3_1_03より引用

 

しんべえとおしげちゃんの関係は、相思相愛のカップルです。

 

おしげちゃんがしんべえに一目惚れし、その後カップリングが成立するお話しがあるので、公式カップルと言えます。

 

とっても仲良しで、常にしんべえの鼻水を拭いてあげるためのハンカチを携帯しているという、面倒見の良いやさしい彼女です。

 

しんべえの妹について

 

スポンサードリンク

 

しんべえには、5歳の妹がいます。

 

その名も、福徳カメ子

 

http://www.nhk.or.jp/anime/nintama/chara/index.html#chara5_1_05より引用

 

父や兄であるしんべえよりも、礼儀正しくしっかり者で、お節介なまでに世話好きです。

 

本当は「カナ子」と命名されるはずだったが、字を書く際に「ナ」が「メ」になってしまって、「カメ子」と名付けられたそうです。

 

キュートなおかっぱ頭が特徴です。

 

忍術学園6年生の中在家長次に好意を抱いており、彼の不気味な笑顔が、可愛いそうです。

 

ちょっと変わった美的感覚を持っています。

 

しんべえのパパについて

 

しんべえのパパ、堺の大貿易商「福富屋」の主人

 

本名は明らかになっていません。43歳です。

 

http://www.nhk.or.jp/anime/nintama/chara/index.html#chara5_1_05より引用

 

とても大らかな性格です。

 

息子の教育には厳しいのですが、しんべえ恋しさに仮病を使って呼び戻したりする、お茶目で人騒がせな一面もあります。

 

かなりやり手の商人で、ドクタケ城など、忍術学園と敵対する勢力にも武器を売ってしまうという困ったところがあるようです。

 

上記の件について、パパのコメントとしては、忍術学園に迷惑がかかるのは重々承知の上だが、

 

人の親としてより、商人としてのプライドが人道的観点を上回ってしまう。

 

と、言う事です。

 

しんべえパパは、仕事に熱い男なんですね。

 

堺で貿易会社を営むには、そのくらいの意気込みがないとやっていけないのでしょう。

 

しんべえの、おっとりしたキャラクターからは想像できない、パパの仕事っぷりですが、

 

そんな驚きの設定が、忍たま乱太郎の面白さでもありますよね。

 

登場人物の家族や友達、先生たちにも細かく性格や経歴などがあり、

 

知れば知るほど面白さが増す忍たま乱太郎。

 

これからもずっと見ていたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください