のび太のママはメガネを外すとかわいい?素顔や若い頃の画像はある?

ドラえもんを語る上で欠かせない存在なのが、のび太のママ。

登場頻度はパパに比べると、専業主婦であるママの方が多い感じがしますね。

「のび太!宿題やったの?!」

「マンガばっかり読んでないで勉強しなさい!」

と言った感じで、のび太を叱っているイメージが強いのび太のママ。

ゴリゴリの教育ママなのに、残念ながらのび太の成績は良くなりません。

厳しい面もありますが、時々見せるママの優しさに愛を感じますよね。

何より、ドラえもんの事を本当の家族のように接してくれる優しいママです。

それにしても、のび太のママってスタイル良いですよね。

いつもピタッとしたトップスを、膝丈のタイトスカートにインという、二の腕やお腹周り、太腿に自信が無いとできないコーディネートを見事に着こなしています。

髪形も襟足眺めの耳だしスッキリショートヘア、顔周りが気になる人はなかなかできませんよね。

さらにのび太のママは若い頃は美人だったとか、メガネを外すとかわいいのでは?と言う話もあります。

今回はのび太のママについて調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

のび太のママのプロフィールや身長は?

それでは簡単にのび太のママのプロフィールをご紹介します。

のび太のママの本名は、野比玉子(のびたまこ)ちなみに旧姓は片岡です。

のび太やドラえもんからは「ママ」と呼ばれており、パパからは「キミ」と呼ばれているので、「玉子」と呼ばれる事はほとんどありません。

年齢は38歳。

のび太が小学5年生なので、のび太を出産したのはだいたい28歳前後だと思われます。

生け花を習っていて、家元から褒められた事があるほどの腕前。

近所の主婦たちとコーラスグループを作っていて、歌唱力もなかなかのもの。

理由はわかりませんが、動物が嫌いです。

のび太からの「ペットを飼いたい」と言う願いを断った回数は100回に達しています。

ドラちゃんは別なんですね。

ドラちゃんは、動物ではありませんしね。

動物より何よりゴキブリが大嫌いで、ゴキブリを追い出すとお小遣いをもらえる事もあります。

相当嫌いなんですね。

のび太のママの身長についても調べてみたのですが、残念ながら発見できませんでした。

ちなみに、のび太が140cm。

公式ではありませんが、ジャイアンの身長が推定181cm。

のび太のママはジャイアンよりも背が高いので、181cm以上となってしまいますが、それだとちょっと高すぎますよね。

 

のび太のママはメガネを外すとかわいい?

 

スポンサードリンク

 

のび太のママはビン底のような丸メガネをかけています。

どうやらかなりの近眼で、メガネをかけていないと新聞を読む事もできないそうです。

これは裸眼だと0.01以下程度、相当見えませんね。

 

 

のび太のママの素顔や若い頃の画像はある?

のび太のママがメガネを外すとかわいい、という説がテレビやSNSで話題となっており、画像も見る事ができます。

2015年に放送された「ママ、小学生になる」では、ママがメガネをかけていない小学生の姿を見る事ができます。

※タイム風呂敷で小学生になったのび太のママ(上)

口元はのび太のママっぽさが残っていますが、他のパーツはまるでしずかちゃんです。

また2009年5月に放送された「のび太のプロポーズ作戦」では12年前のOL時代、デートの準備でメガネをかけた状態からメガネを外すという貴重なビフォーアフター姿が見られます。

※結婚前ののび太のママ(上)

 

それにしても本当にかわいいですね。

輝いていますよね。

芸能人みたいです。

 

のび太のママは毒親?

 

スポンサードリンク

 

毒親とは、「自己中心的で、価値観を押し付けたり、子供の人格を否定したり、周囲を傷つける行動を繰り返し、子供の人生に悪影響を与える存在」だ、そうです。

のび太のママも毒親なのでしょうか?

のび太のママのお説教時間は、平均で約1時間。

最高は2時間15分59秒と、かなり長いです。

のび太にとってママの怒りは何よりも恐怖となっていて、「ぼくのこわいもの」という作文では、「おおかみ男が怖いが、もっと怖いものがあるのです。それは、うちのママの怒った顔です」と、書いています。

料理や掃除など、きちんとしているイメージの、のび太のママですが、癖は舌で唇をなめる。

ちょっとお下品ざますね。

また、ドラえもんの道具を勝手に使ってドラえもんやのび太たちが被害を受ける。

さらに、ドラえもんの秘密道具や友達から借りた漫画を燃やす、廃品回収に出す、2階ののび太の部屋の窓から外に向かって投げ捨てる、など相当乱暴な手段を使う事もあります。

いやあ怖いです。

確かにこうして書いてみるとだいぶ恐ろしいですが、毒親とまではいかないと思えます。

大丈夫、のび太は優しい子に育っていますから。

 

のび太のママの声優は誰?

 

のび太のママの声優さんは、1979年4月から2005年3月まで、千々松幸子(ちぢまつさちこ)さん。

2005年4月以降を三石琴乃さんが担当されています。

千々松幸子さんは、昭和の女の子がテレビに夢中になった「東映魔女っ子シリーズ」のすべてにおいて主要キャラクターを務めており、他にも「ド根性ガエル」のぴょん吉役。

ドラえもんのママ役では26年間という長い期間ママとしてのび太を教育してくれました。

2005年の声優陣一新に伴いママ役を降され、三石琴乃さんに引き継いでいます。

三石琴乃さんと言えば、「美少女戦士セーラームーン」の月野うさぎで有名な方ですね

「新世紀エヴァンゲリオン」の葛城ミサトも三石さんです。

これからも、びしばしのび太を教育してもらいましょう。

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください